東京都文京区の整体「心身バランス整体アルボル」の下田武志です。

時々、4歳の娘と瞑想をします。

10秒くらいできるようになってきました。

まだ意味もわかっていないようですが、そのうちきっと役立つ、、、かな?

 

整体に行きたくても行けなかった、、

ところで、

産後の骨盤矯正で通われていたFさんが、昨日、2カ月ぶりに来院されました。

本当は2週間に1回のペースで通われていたのですが、子供さんの急な熱などで前回の予約が急遽キャンセルとなり、そのまま2カ月近く期間が開いてしまっていました。

Fさんには、現在4歳と1歳のお子さんがいます。

ご主人さんが海外出張で3ヶ月ほど不在の為、一人で2人のお子さんを見ています。

Fさん自身も産後3ヶ月くらいから仕事に復帰しているので、想像しただけでもハードな毎日ですよね。

ここ1ヶ月は、子供さんとご自身が交互に熱を出している状態で、整体に来たくても、なかなか来られなかったようです。

昨日来院されたときも、副鼻腔炎が完治していなくて、鼻の痛みが残っていると言っていましたが、施術後には鼻も楽になったと言っていました。

気になっていた股関節の不安定さと坐骨神経痛も楽になりました。

変えられるのは「自分」だけ

Fさんは、産後4ヵ月くらいから何度か通って、身体を整えていたので、身体のバランスは安定してきていたのですが、昨日診た時は、仕事と子育てのストレスのせいか、自律神経のバランスが乱れていました。

身体が慢性的な緊張状態で、無意識に体中に力が入ってしまいます。

熱が出たり、副鼻腔炎になってしまったのも、このような身体と精神の状態が原因になっていたと思います。

話を聞いてみると、子育てよりも、職場での人間関係などのストレスが大きいようでした。

帰り際に、Fさんは、

「人は変えられないから、変えられるのは自分だけですよね」

と言っていました。

確かにその通りですね。

仕事や人間関係などは、ストレスの原因にはなりますけど、本当はそれ自体はただの「出来事」に過ぎません。

それに対する「自分自身の反応」を変えることができれば、ストレスだと思っていたことが、ストレスで無くなることもあります。

「マインドフル整体」は自分自身のコントロール術

僕が整体を通してお伝えしている「身体の声を聞く」というのは、この「自分自身の反応」に気付けるようになるためにも重要です。

子育て中のハードな状況を変えることができるのが理想かもしれませんが、現実的に難しい場合もあります。

それなら、同じ状況の中でも、自分自身の体や心を上手にコントロールすることで、身体や心へのストレスを減らすことを考えるほうが合理的かもしれません。

僕が提唱する「マインドフル整体」は、身体の感覚に意識を向けることで、周りからの刺激に対して、「ストレス反応をしない自分」を作るための実践法です。

無料配信中のセルフ整体メール講座で、その基本が学んでいただけますので、よかったら見てみてください。