東京都文京区の整体「心身バランス整体」の下田武志です。

整体師になる前の5年間の世界放浪の中で、インドに3ヶ月くらい過ごしていた時期があります。

▲ギター弾いて歌っていたらインド人に囲まれる(2008年インド、カジュラホ)

 

インドは人生を変えてくれるのか!?

インドに行く前、「インドに行ったら人生が変わるよ」というようなことを色んな人から聞いていたので、かなりインドには期待して行きました。

でも、

実際にインドに行っても何も変わりませんでした。

街並みも、暮らしも、食べ物も、文化も、人も、住み慣れた日本とは全然違うけど、ただそれだけのことでした。

3カ月過ごして、色々刺激はあったけど、インドを去ろうとしたときに、結局「自分の中身は何も変わっていない」ということに気付き、絶望感と焦りが生まれただけでした。

▲ガンジス川も泳ぎましたよ!(でも、人生は変わりません😢)

よくよく考えてみたら、「インドに行ったら人生が変わるよ」と言っていた人の中で、本当にその後人生が変わったように見える人はごく一部で、ほとんどの人は、旅が終わった後は元通りの生活に戻ってました。

僕もその一人だと感じました。

結局、そんな自分が嫌で、その後僕は「海外で全財産を使い果たして無一文になる」という強硬手段に出るわけですが、、、

その後の話をすると、超長くなるので、いずれまた。

 

自分を変えるのは、旅でもインドでもない

この時僕は、外からの刺激だけでは、自分が根本的に変わることはできない、ということを悟りました。

「インドに行けば変われるはず」

「異文化が自分を変えてくれる」

「誰かが自分を変えてくれる」

と、「自分以外の何か」にばかり期待していたんですよね。

「自分探しの旅」なんて言いながら、自分の外側ばかりに答えを探していたわけです。

自分を変えるためには、自分自身と向き合わなければなりません。

旅や出会いは、そのきっかけにはなり得ます。

「インド」もしかり。

異文化や人に出会うことで起こる「自分自身の反応」と、とことん向き合うことが自分を知ることであり、それができて初めて自分を変えることもできる。

僕はそう思います。

だから、そうやって生きています。

旅は好きだし、そのうちまたインドにも行こうともっています。

でも、自分を知るためや、変えるためには、旅もインドも必要では無いことはわかっています。

家の中でも十分です。

仕事しながらでも可能です。

 

そして、これは身体を変える必要があるときも同じです。

慢性的な痛みやコリを抱えている人や、同じような症状を何度も繰り返す人は、「症状をどうにかする」のではなくて、根本から「身体を変える」ことが必要です。

 

だから僕は施術で人を変えようとはしません。

治そうともしません。

あなたの身体を治すことができるのは、変えることができるのは、あなた自身。

僕や、僕の整体は「きっかけ」に過ぎないのです。