東京都文京区の整体「心身バランス整体アルボル」の下田武志です。

夏本番ですね。

暑さにやられていませんか?

僕は自宅で整体をやっているので、通勤も無く、仕事があるときは基本的にずっと冷房の効いた室内にいますが、こういう環境だからこそ気を付けないといけなんですよね。

冷房が効いた部屋に身体が慣れてしまうと、体温調節機能がマヒしてしまい、逆に熱が籠りやすい身体になってしまいます。

自律神経のバランスも崩れやすいですね。

なので、あえて散歩に出かけたり、お風呂にゆっくり使って汗をかくようにしています。

オフィスワークなどで一日中冷房にあたっている方は、工夫をしましょう。

水分補給を忘れないように!

 

夏は基本的に代謝が良い状態で、汗もかくので、常に水分補給には気を使う必要があります。

整体施術を受けた後、しっかりと水分補給をするようにお伝えしていますが、これは、代謝が上がって流れだした老廃物を排出する目的があります。

熱いこの時期は、基本的に常に代謝が良い状態なので、十分に水分補給することで、身体の内側からキレイで健康になれるのです。

水分の摂り方は?

水分の摂り方は、理想を言うと色々ありますけど、あんまり細かいことを言うと面倒くさいので、重要なことだけお伝えします。

水分は「水」か「白湯」で摂るのが理想です。

40℃くらいの温度で飲むのが良いと言われますが、僕は常温で飲んでいます。

一番の問題は、水分補給を忘れてしまうこと。

忙しい時ほど水分補給を忘れてしまいがちなので、忘れない工夫をしたほうが良いですね。

朝に1日分の水をペットボトルに入れて用意して、常に目に付くところに置いておくとか。

僕は、一日に500mlのペットボトルで4回お替りを目安にしています。

特に、午前中はデトックスの時間なので、特に水分補給が重要なので、お昼までに2杯(1ℓ)は飲むようにしています。

一気に飲んでも身体は吸収できないので、こまめに飲むようにします。1回の量は200mlくらいまで。

カフェインとアルコールの散りすぎに注意

 

それと、コーヒーなどのカフェインやアルコールを含む飲み物は、利尿作用が働いて水分を出してしまうので、水分補給にはならないと考えたほうが良いでしょう。

また、カフェイン哉アルコールは、基本的に身体にとっては「毒物」なので、飲み過ぎには注意です。

塩分補給も必要なので、水に少量の塩(自然塩)を溶かして飲むのもいいでしょう。

スポーツドリンクの方が吸収率が良いと勧める人もいますけど、スポーツドリンクは基本的に砂糖だらけなので、僕はお勧めしません。

冷たい缶コーヒーをゴクゴク飲みたくなる人もいると思いますが、缶コーヒーも砂糖だらけなので要注意です。

砂糖は血糖値を急激に上げるので、一瞬元気になりますが、逆に疲れやすくなり、夏バテする原因になりますよ。

 

夏の暑さはうっとうしさもあるけど、代謝が良くなり、身体がほぐれやすいので、体質改善には最適な時期です。

身体の硬さが気になっている人や、慢性症状がある人は、夏の間に体質改善してしまいましょう!