東京都文京区の整体「心身バランス整体アルボル」の下田武志です。

裸足は気持ち良くて体に良い!

今日は午後に空き時間を作って、娘と遊びに出かけました。

北区にあるABC公園です。

ここでは、娘はいつも裸足で遊びます。

公園内には小さい小川も作ってあり、遊具の周りはウッドチップが敷き詰められていて、裸足でも危険が少なく、小規模ながら程よく自然を味わえます。

時々、僕も一緒になって裸足になって遊んだりするのですが、裸足って本当に気持ち良いですね。

都会暮らしだと、裸足で土の上を歩く機会がどうしても少なくなりますが、裸足で過ごすことは健康への効果も大きいんですよ。

裸足で過ごすことの効果は?

足裏には、全身の反射区がありますので、それが刺激されることで内臓機能が活性化されます。

また、血行も良くなるので、疲労回復も早まり、疲れにくくもなります。

他にも、裸足で過ごすことで「脳の機能のアップする」という、研究結果も出ているようです。

それと、最近よく問題視されている電磁波なども足の裏から抜けるので、体内に溜まりにくくなります。

こういった効果は、色々なところで取り上げられているので、知識としては知っている方も多いでしょう。

しかし、知ってはいても実際に裸足で過ごす時間が取れているかというと、ほとんどない人の方が多いのではないでしょうか?

外ではほぼ靴やサンダルを履いているだろうし、家の中でもずっと靴下を履いている人もいるかもしれませんね。

ちょうど夏のこの時期は、裸足でも過ごしやすいし、お子さんがいる方は、一緒に外で裸足で遊んでみ手はどうでしょうか?

裸足になるのは、土とか草とか木とか、自然の上が良いですよ。

足の裏で自然を感じてみてください。

病みつきになりますよ。

裸足で過ごすことが「整体」になる

それともうひとつ、裸足の効果としてはあまり話題にされませんが、裸足で過ごすと身体のバランス感覚も良くなります。

昔聞いた話で、どこから情報を得たか忘れてしまいましたが、僕自身が外で裸足で過ごしてみて、それを実感しています。

足の裏って地面と接している時間が一番長い場所で、全身の中でも感覚神経が多い場所らしいです。

立っている時や歩いている時など、足の裏から得た刺激や情報を感じて、全身のバランスを取っているのです。

だから、いつも硬い靴を履いていたりすると、足裏からの情報が得られにくくなり、身体はバランスを崩しやすくなります。

そういったことが原因で、姿勢の崩れや肩こり腰痛が起こっている人もいるかもしれませんね。

まあ、そういった目に見えにくい効果は置いておいたとしても、裸足ってほんとに気持ち良いので、ぜひ、休みの日には裸足で土や草の上を歩いてみてくださいね。

 

ちなみに、ABC公園の後は、近くの元気プラザというところのプールで遊んで帰りました。

娘はけっこう体力を使ったようで、帰ってご飯を食べたら、7時くらいには寝てしまいました。

夏休みでずっと家にいて手がかかる子供を早く寝かせたいときにも、外で遊ばせるのは良いですね(笑)