東京都文京区の整体「心身バランス整体アルボル」の下田武志です。

ブログを書くなんて超ストレスでした

こちら整体院のホームページ内のブログを書き始めて、昨日でちょうど1ヶ月。

密かに「1か月間毎日更新する」ことに決めていたのですが、無事達成できました。

過去の記事の一覧はこちら

実は、これは一つの実験でした。

元々僕は文章を書くのがあまり得意ではありません。

特に、ブログのような公に晒される場に文章を公開することには抵抗があり、考えただけでもストレスでした。

過去にも、ブログの更新にチャレンジして、何度も挫折しています。

「コピーライティング」みたいなことを勉強してみたこともあります。

頑張って3ヶ月くらいは書き続けたこともありますが、その時は毎日ストレスで、自分のブログを見るのも苦痛になったほどでした(笑)

この1ヶ月は、そんな自分がどうやったらストレス無く、できれば楽しくブログを更新できるか?という実験だったわけですが、、、

結果は「成功」でした。

1カ月のうちの3日くらいは「面倒だな」と思った日があったけど、ほとんどは「気分良く」書くことができました。

早く書きたくて目覚める日もあったくらいです。

「マインドフルライティング」とは?

書くことが苦手で、ブログに関しては挫折した経験もあって苦手意識のあった僕が、そんな風に楽しく続けられた秘訣は、、

「マインドフルライティング」です。

「マインドフルライティング」という名前は、さっき自分で思いついただけですが、要は自分が「心地よく感じる書き方」です。

普段実践している「マインドフル整体」の応用です。

「マインドフル整体」は、身体に起こる感覚を隅々まで繊細に感じ取り、身体の欲求を満たすことで、自己治癒を促す整体法です。

「マインドフルライティング」も、「ブログを書く」という行為を細分化して、その中に自分が心地よく感じる方法を見つけ出します。

「対象」「目的」「テーマ」「内容」「順序」「書く時間や場所」など、細かく分けて、それぞれの要素をできる限り自分が心地よいと感じるようにアレンジします。

人から教わったライティングの方法も、そのままでは自分が気持ち良くないので、目的を見失わないように応用します。

そして、書く瞬間は「書くこと」「その時に自分の中に沸き起こっている感覚」にフォーカスします。

そうしていると、苦手でストレスだったはずの「ブログを書く」という行為が、なぜか気持ち良くて楽しい行為になってしまうのです。

具体的にどうやっているのかは文章ではうまく説明できませんが、普段からマインドフル整体でやっていた「身体の声を聴く」ことの応用です。

逆に考えると、セルフ整体や他の健康法なども、嫌々やると続かないけど、マインドフルネスでやれば、楽しく続けられるかもしれないということですね。

「身体の声を聴く」の本当の目的

「身体の声を聴く」というのを、「やりたいことしかやらない」というふうに解釈する人もいますが、本当は「どんなことでも気持ち良くできる」ための方法です。

「マインドフルライティング」を1ヶ月やってみて、それを再確認できました。

 

ちなみに、僕のブログは、マインドフル整体の応用のために、楽しく1ヶ月書き続けることを主な目的にして書いていましたので、一般的に言う「ライティング」という意味では、全然なっていないと思いますよ。

だから、参考にはしないでくださいね(笑)

なんとなくカッコ良いかなと思って「マインドフルライティング」という名前まで付けてみましたけど、広めるつもりもありませんから。

この1か月は、誰も読んでくれなくてもいいと思って書いていたのですが、中には面白がって読んでくれている人もいたようで、時々感想もいただきました。

やっぱり、少しでも反応があるのは嬉しいし、また書こうというチベーションにもなりますね。

かと言って、「読者のために有益な情報を更新しなければ」というようなことを考え始めると、プレッシャーになって自分が楽しめなくなるので、あくまで自分が楽しめるように書いていく予定です。

今後は、毎日更新にはこだわらず、気まぐれに更新していく予定です。

「楽しく、気まぐれに」というのも、僕のような挫折しやすい人間が、気持ち良く継続するためのコツのひとつですね。

そんな「気まぐれブログ」ですが、ひょっとしたら、何かの役に立つかもしれないので、興味を持っていただける方は時々覗いてみてくださいね。

「マインドフル整体」が色んなことに応用できることが分かってきたので、今後もいろんなところに応用してみようと思います。