文京区後楽園の整体「心身バランス整体アルボル」の下田武志です。

今日は、午前中にヨガクラスに参加してきました。

うちの近所に最近オープンしたStudio Laugh(スタジオラフ)のオーナー高木夫妻が主催の、アフリカンハープによる生演奏付きのヨガクラスです。

奥さんのまゆこさんがヨガの指導、ご主人のそうしさんがアフリカンハープを演奏されます。

初参加だったので、どんな雰囲気かも知らずに行きましたが、すごく良かったです!

最近ちょっと頭を使いすぎていて、何となく感じていた自分の中の滞りが流れた感じがします。

やっている最中も気持ち良かったですけど、終わった後の心地よい余韻と、スッキリ感がいまだに続いています。

まゆこさんは、僕が整体師で普段体について、ああだこうだと言っているような人間なので、色々気を遣われたみたいですね。

でも、僕は生徒の時は生徒に徹しますので。

自分が誰だとか、そういうのも全部取っ払って素直に受けたほうが、結局、体や心は整うんですよね。

まゆこさんの指導が、押し付けもなく、自分の身体の状態やペースに合わせてできるようなやり方だったのも僕には合いました。

でも、なんとなくやりにくいんだろうな、ということは理解できます(笑)

マインドフル整体と陰ヨガの相性は?

まゆこさん教えるヨガは、体の奥深くにまで働きかけ、柔軟性を向上させていくことを目的とした「陰ヨガ」というスタイルでした。

「身体の声を聴く」という僕の整体のスタイルと一緒で、自分の身体の感覚をじっくりと感じながら、一つ一つの動きやポーズを長めにやります。

アフリカンハープの生演奏の音色も心地よくて、覚醒したままで夢を見ているような感覚でした。

感覚と聴覚を使った「マインドフルネス」でしたね。

だから陰ヨガは、僕のやっている「マインドフル整体」とも相性が良いと思いました。

日本にあるヨガって、どちらかというと、ダイエットや、身体を鍛えることを目的とした、もっとアクティブなやつの方が流行っている気がします。

それぞれ目的が違うと思うので、それはそれでいいと思うんですけど、普段忙しすぎたり頭を使いすぎる人、頑張りすぎている人は、陰ヨガをやるとバランスが取れると思います

陰ヨガはかなり緩やかなので、アクティブな運動に慣れている人にとっては物足りなく感じるかもしれませんが、そういう人にこそ陰に浸る時間を取り入れてほしいですよね。

陰ヨガで整体の施術が効きやすい身体になる

アルボルの整体を受けに来られる方の中にも、日常的に交感神経優位になって、陽に偏ってしまっている方が多くいらっしゃいます。

そういう方は、施術の効果が身体の奥まで届きにくい傾向にあります。

施術時間は長くて20分程しか取れないので、その間に施術を十分に受け入れられるような身体の状態まで持っていくのは簡単ではありません。

そういう人には、ちょっと特殊な技術を使ったりするのですが、本当は整体を受ける前に、陰ヨガのクラスを受けてから来てほしいくらいです。

頭や身体が「陽」に傾きすぎているクライアントさんには、ここのヨガクラスを紹介しようかな。

場所も近いし。

ホームページはまだ作成中みたいなので、facebookページでクラスの日程など確認できると思います。

「Studio Laugh」facebookページ

Studio Laughは、春日駅から徒歩1分、後楽園駅から3分くらいのところにあるので、アクセスも便利ですよ。