文京区の整体「心身バランス整体アルボル」の下田武志です。

「マインドフル筋トレ」とは?

最近、筋トレをしています。

とは言っても、ジムに通ったりして本格的にやっているわけではなく、気が向いた時に適当にやっている程度です。

昔、筋トレを頑張りすぎて腰痛や肩こりを作ってしまっていた経験があるので、何年もやっていなかったのですが、ちょっと前に思い立って再開しました。

以前やっていた時は、腕立て伏せとか腹筋、背筋を、とにかくがむしゃらにやっていたので、無理な体の使い方をしていたみたいで、それで肩や腰を痛めていました。

同じことを繰り返さないために、今度は「マインドフル筋トレ」を実践しています。

「マインドフル筋トレ」というのは僕が勝手に名付けただけですが、どこの筋肉にどのように負荷がかかり、どう動いているかを観察しながら筋トレをすることです。

そうすると、無理な体の使い方はしなくなります。

同じ腕立て伏せでも、手をつく幅を広げたり、足の高さを変えたり、腰の曲げ具合を変えただけでも、使う筋肉の部位が変わります。

さらに、体のバランスを変えてインナーマッスル中心で使うようにすると、同じ動きでもより楽にできるようになります。

楽にできてしまったら、筋トレの効果は減ってしまうのかもしれないけど、体の偏った使い方を修正するのには良さそうです。

 

マインドフル筋トレは整体の効果がある

とにかく、筋トレでは普段使わない筋肉を使うので、普段は気付けない体の変化や異変にも気付きやすくなります。

筋肉を大きくしてゴツくなることが目的であれば、こういうやり方は遠回りなのかもしれませんが、あんまりゴツくなりたいとも思っていないので、そんな感じでやっています。

「じゃあ、なんで筋トレなんかやるんだ」と言われそうですが、

まあ、これもマニアックな実験のひとつですね。

あんまりストイックにやると続かないので、かなり適当です。

でも、結果的には、ちょっとづつ筋肉質な身体になってきています。

感覚的な変化としては、身体が軽くなります。

寝起きも良くなりました。

消化や便通も良くなった気がします。

目に見える変化が出てくると、続けるのも楽しくなります。

もちろん、身体との対話をしながらやるということは、「今ここ」にとどまっている状態。

つまり、「瞑想」と同じように脳や心を整える効果も得られるわけですね!

同じ筋トレでも意識の持ち方ひとつで、ただ「筋肉を鍛える」ということ以外の目的や効果もあって面白いですね。

腕立て伏せも、肩胛骨をしっかりと動かしながら、できるだけ無駄な力を抜く意識でやると、首や肩周りの筋肉がほぐれて、すごく気持ちいいんですよ。

慢性的な肩こりの人なんかは、「マインドフル腕立て伏せ」はおススメですよ。

「マインドフル筋トレ」については、もっと自分の中で、やり方とか効果が明確に見えてきたら、具体的にお伝えしますね。