文京区「心身バランス整体アルボル」の下田武志です

当院のクライアントに元気な年配女性が多い理由

今日の午前中に、3名続けてご年配の女性クライアントさんがいらっしゃいました。

文京区にお住いの69歳の女性。

同じく文京区にお住いの79歳の女性。

栃木県佐野市から通われている74歳の女性。

今日、偶然この3名の女性が続けて予約が入っていたのですが、終わった後に気付いたことがります。

それは、3名ともが同年代の女性と比べて、普段「元気だね」「若いね」と言われていること。

もちろん、皆さん最初は何かしら体に悩みを抱えていたからこそ来院されたのですが、基本的には体も気持ちも若くて元気な方たちなのです。

整体と言えば、一般的には「元気の無い不健康な人が通うところ」というイメージを持っている方の方が多いのではないでしょうか。

彼女たちの周りの同年代の女性も、ほとんどは整形外科に通って当たり前のように薬を飲んでいたり、「歳だから仕方がない」と言われながら整骨院などで電気治療を続けていたりするようです。

そういう人たちの姿を見て違和感を感じた方が、うちのような整体院にたどり着くのでしょう。

本人が諦めなければ何歳になっても体は回復する

僕は、「何歳になっても身体は健康と元気を取り戻せる」と考えいますし、その方法を知っています。

そして、実際に年配の方が若返っている実績もあります。

問題は、

「本人がそれを信じられるか?」

「自分自身の身体を信用できるかどうか?」

ということなのです。

本人が諦めていたら、施術者が何をやっても回復は困難です。

当院に通っているという時点で、身体や健康に対して意識の高い方だと思います。

だから当然、同年代よりも体も心も元気です。

アルボルに通う意識高い系の年配女性

ちなみに、今朝来られた3名の女性の経緯はこんな感じ

69歳の女性は、膝痛で整形外科や整骨院に5年以上通われていたけど改善されなかったという方。

現在、アルボルに通い始めて1ヶ月。

まだ膝の痛みはありますが、O脚が改善され始め、姿勢が良くなり、ウエストが引き締まってきたことを実感されています。

症状が慢性的であるため、少し時間はかかりますが、とにかく歩くことが大好きなので、今年中には思う存分歩けるくらいまで回復させるのが目標です。

 

79歳の女性は、左膝の痛みと坐骨神経痛があって整骨院に通っても良くならなくて、約1年前に当院に来られました。

現在はほとんど痛みは無くなり、月に1回のペースでメンテナンスで通われています。

趣味で社交ダンスをしながら掃除の仕事もされていて、クラッシックのコンサートを見に行ったり、友達と出かけたりと、毎日忙しいようです。

整体を受け始めて、ダンスが気持ち良く踊れるようになっただけでなく、仕事で窓拭きするときに今までよりも高いところに手が届くようになり、「身長が伸びたみたい!」と喜ばれていました。

 

74歳の女性は、腰痛と背中の痛みで地元のカイロプラクティックに通っていましたが、行くたびに背骨の歪みを指摘されて、どんどん自分の身体に自信が無くなり、最終的に毎日カイロに通っていました。

当院に通い始めて。今月でちょうど2年。

今でも時々痛みが出ると、まだ不安が蘇ってしまうようですが、セルフ整体で対処すればすぐに解消されるようになり、出かけることも怖くなくなったようです。

家庭菜園が趣味で、自分で作った美味しい野菜を時々持ってきてくれます。

現在は月に2回のペースでメンテナンス通院されています。

今日は偶然、この3名の女性が順番に来られましたが、他にも、当院に通っている「元気な年配女性」はいらっしゃいます。

何歳になっても人生に希望を持って、やりたいことをやり続けている方たちなので、回復のための努力もします。

当院は保険診療ではありませんので、それなりにお金もかかります。

それでも、安い保険治療を受け続けるよりも価値があると実感してくれた方が通ってくれています。

そういう意識の高い方と関わると、僕自身も元気をもらえます。

僕自身も、最近は赤ちゃんからお年寄りまで、実に幅広い年齢の方に関わっていますが、

「年齢が不健康の原因ではない」

「健康であるために年齢は問題ではない」

ということを実感しています。

もし、あなたの周りにも「歳だから」と言って諦めかけている方がいたら、何歳になっても回復できる方法もあることを教えてあげてください。

そこに時間とお金を投資できるかどうかは、本人次第ですけどね。