文京区後楽園の「心身バランス整体アルボル」です。

ぎっくり腰の症例

今日の昼過ぎに、クライアントさんから急に腰が痛くなったと電話があり、午後の予約の隙間の時間に来てもらうことになりました。

もともと明日の予約を取っていた方です。

歩くのも困難ということで、タクシーに乗って足を引きずりながら来院。

施術は少してこずりましたが、施術後には問題なく歩けるようになり、喜んで帰って行かれました。

腰痛の本当の原因はどこに?

クライアントさんはスーツ姿で来られましたが、着替えるのも辛そうだったので、スーツのままで施術を開始。

痛いのは腰ですが、腰痛の原因が腰にあるとは限りません。

このクライアントさんの場合は、もともと問題を抱えていた右膝と、その周辺がネックになっていると見立てました。

右ふくらはぎを触ってみると、予想通りかなり硬くなっていました。

座ったままの状態でふくらはぎを緩めると、腰の痛みもかなり緩和されました。

少し動きやすくなったので、次は仰向けに寝てもらいます。

仰向けで足を延ばすと腰に痛みが出ます。

膝を曲げると多少楽にはなるもの、膝を左右に倒す動きをすると、どっちに倒しても腰に痛みが出る状態。

なので、膝を立てたまま、足首から脚、腰などを調整し、やっと痛みなく身体を伸ばして仰向けになれるようになりました。

起き上がってもらっても、かなり楽になったようでした。

ただ、腰を逸らせたり、ものを拾う姿勢をとると、まだ痛みが出ます。

それでも最初に比べるとかなり楽になっていました。

次のクライアントさんの予約時間も迫っていたし、明日の予約もあるので、続きは明日ということで、今日はこれで終了。

・・・と思っていたところ、

クライアントさんの立ち姿を見て、左肩胛骨辺りに違和感を感じました。

肩胛骨を動かしてもらうと、硬くてほとんど動きません。

そこで、もう一度施術台に寝てもらい、肩胛骨を緩める施術をしました。

肩胛骨が緩み、再び立ってもらうと、腰の痛みはほとんど無くなっていました。

痛みも軽くなって喜んでくれた、、けど、、、

こんなふうに、施術の流れを文章で書いても、読んでいる人にはほとんど伝わらないとは思います。

ただ、今回の施術の流れは、決して最善の流れではなかった、ということを告白するために書きました。

施術時間は、合計40分くらいかかっています。

(普段の施術は、5分~20分で終わります)

もし、最初から肩甲骨の違和感に気付いていれば、施術のやり方も順番も違っていたと思います。

適切な順序でやってれば、20分もかからずに改善できたでしょう。

クライアントさん自身は、かなり大変な症状だと思っていたようなので、「さすがですね」と言って結果にも満足されていたようでした。

僕も、完璧の施術なんてどこにも無いと思っているので、今回はこれが最善だったという見方もできなくはありません。

しかし、正直に言うと僕自身、このクライアントさんの身体に対して、余計な「先入観」を持ってしまっていました。

先入観が視野を狭める

これまでにも何度も来院されているクライアントさんなので、身体の状態や今回の痛みの原因も、ある程度予想は付いていました。

予想が全く外れていたわけではありませんが、その「思い込み」が視野を狭める原因になってしまったのです。

ちょっと反省  😳 。

でも、いい勉強になりました。

人の身体というのは、毎日、毎時間、毎秒、変化します。

そして、全身の各部分、周りの環境や出来事生活習慣など、色々なものから影響を受けています。

だから、知識や経験に頼りすぎると、逆に本当の原因を見失ってしまうこともあります。

何度も診ているクライアントさんであっても、いつも新鮮な頭と視点を持って接しないといけませんね。

まあ、今回は結果オーライだったので良かったです(笑)

あなたも、自分の身体や性格に対しての「思い込み」が、自分を苦しめる原因になっていないか、振り返ってみてはいかがでしょうか?