文京区後楽園の「心身バランス整体アルボル」です。

ちょっと前に、クライアントさんの妊娠ブームだという記事を書きました。

過去の記事

皆さん、より良い妊娠生活と出産のためにマタニティ整体を継続されていますが、その中には元々不妊に悩んでいて、妊活のためにしばらくアルボルに通われて、めでたくご懐妊された方もいらっしゃいました。

不妊で悩む40代女性の症例

先日も、不妊に悩む40代の女性が、当院を紹介されて来られました。

5年前に体外受精で第一子を授かり出産された後、更に5回不妊治療を受けたけど第二子を授かれないということでした。

その他にも、冷えや腰痛、慢性的な肩こりに悩んでいました。

不妊の原因も一つではありませんが、不妊の悩みで整体に来られる方の多くは、明らかに体や心の状態が、妊娠や出産に適さない状態にあります。

この方も例外ではなく、身体、自律神経のバランス、ストレス度などを見ても、妊娠にも出産にも無理がある状態です。

すごくまじめな方で、本人は普通だと思っているかもしれませんが、話し方や仕草からも、明らかに「頑張り過ぎだな~」というのが見て取れます。

不妊治療で妊娠しにくい身体になる

不妊治療にもいくつかの方法があるようですが、基本的にはどれも体に負担がかかり、繰り返すと逆に妊娠しにくくなるリスクもあるようです。

妊娠に適さない体や心の状態で不妊治療を受けて、仮に無事妊娠できたとしても、流産や難産になるリスクが高かったり、母体にも子供にも問題が起きやすくなります。

年齢も考えると、「もう一人産むためには少しでも早く妊娠しなければ」という気持ちになるのも理解できます。

でも僕としては、妊娠というのは「新しい命を宿す」という、科学や医学の領域を超えた現象だと思っていますので、焦って無理してほしくないというのが本音です。

昔からの自然な妊娠、出産に取り組む専門家は、決まってこんなふうに言います。

「妊娠は意図的に起こすものではなく、母親の心身の状態や環境が妊娠、出産、子育てに適した状態になれば、自然と子宝に恵まれる」

僕もそう思います。

この女性は5回の不妊治療で効果が得られなかったため、夫婦で話し合って、

「やっぱり自然な方法で妊娠できるように取り組もう」

ということになったところだということでした。

そういうタイミングで当院似ん来てくれたのは幸いです。

妊娠、出産のための体の「土台作り」が肝心

当院の整体の効果は、1回目からしっかりと実感していただけたようです。

ほんの短時間の施術で、肩も腰も軽くなっていくことに驚かれていました。

施術中に代謝が上がって、体温が上がるのも実感されたようです。

もともと敏感な身体と繊細な感覚をお持ちだったようです。

色々お話を聞いたところ、食事や生活習慣等も少しずつ改善していく必要がありそうです。

「半年くらいかけてしっかりと体質改善、身体作りをした上で、焦らず妊活に取り組むようにすれば、問題なく第二子を授かれると思いますよ。」

とお伝えしました。

うまくいけば、うちの第二子と1歳違いの子供を授かれるんじゃないかなあ。

まあ、新しい命がいつやってくるかは神のみぞ知ることなので、過剰な期待は禁物ですけどね。