文京区後楽園の「心身バランス整体アルボル」です。

 

今日はちょっと抽象的で哲学的な内容になりました。

そういうのが好きな人は読んでみてね 🙂 

マインドフル整体は「0」に向かう健康法

マインドフル整体が目指すゴールは「0(ゼロ)」つまり「無」です。

現代人の多くがバランスを崩し、病んでしまう原因は、「不足」ではなく「過剰」によるもの。

食事やストレスの過剰もそうですが、健康のための情報や治療技術なども例外ではありません。

それらは、状況によっては役立つかもしれないけど、必要以上に取り入れたり、それが思い込みや執着になってしまうと、逆にに健康を害してしまいます。

過剰な食事やストレス、情報や洗脳などによって、免疫力や自己治癒力など、健康維持のために元々ある能力がうまく機能しなくなっているために、痛みや不調を抱えたり、なかなか回復できなくなっている人が増えています。

そういった自分の中に溜め込んだ「余分なもの」をそぎ落としていけば、もともとある「自己治癒力」が蘇り、「当たり前の健康」を取り戻すことができる。

というのが、マインドフル整体の基本的な考え方。

「身体との対話」によって、自分に本当に必要な物とそうでないものを見極め、実践します。

そして、削ぎ落していった最終地点が「0」というわけです。

「0」には到達できない?

例えば、「正常」が「5」だとして、それ以上の「7」とか「8」とかになると痛みや病気が発生する。

マックスの「10」に達すると「死」です。

逆に4、3、2、、と「0」に近づくほどに健康になって、心身が研ぎ澄まされていく。

「0」はいわゆる「悟り」の境地です。

人間として普通に生きている以上、「0(悟り)」に到達するということは通常あり得ないし、決して「0に到達しなければ健康ではない」と言っているわけでもありません。

5、6くらいが普通で、4、3くらいの人は、周りから見ると「超健康」というイメージです。

整体というと一般的には「痛みが無くなったら終了」というイメージかもしれませんが、マインドフル整体には終わりがありません。

目指すところが「0」なので、

3、2、1、、

と、レベルアップしていき、

更に、

0.9

0.5

0.1

0.05

0.001

0.0001

0.000000000001




と、永遠に「0」に近づき続けることができます。

だから、僕の整体院には痛みなどの症状が無くなってからも、何年も通い続けているクライアントさんもいます。

そして、向かう先にある「0」が何なのか?ということは、、、

何の無駄も曇りもない体や心というものが現実に存在すると思えないので、空想くらいしかできませんね。

「0」を目指すマインドフル整体の特徴

かなり抽象的な説明になってしまいましたが、これがマインドフル整体の目指す健康のイメージ。

こんなふうに数字で表現すると、僕がお伝えしているセルフ整体が基本的に地味である理由が見えてきませんか?

他にも、マインドフル整体は「0」目指す健康法であることから、下記のような特徴があります。

  • 症状だけにとらわれない
  • 手技や「やりかた」に固執しない
  • 「知識」や「形」よりも「感覚」を頼りにする
  • 実践法が基本的に“地味”
  • レベルが上がるほどに更に地味になっていく
  • 自分自身でも心身を整えられるようになる
  • (応用すれば)いつでもどこでもできる
  • 自分にとって最適な方法にアレンジできる
  • 変化、成長し続けられる

他にも挙げられますが、ざっとこんな感じです。

断捨離やデトックスがブームになっているように、健康でいるために今後ますます「削ぎ落し」が必要な時代と来ると思いますよ。