文京区後楽園の「心身バランス整体アルボル」です。

「生きていく上でものすごい自信に繋がります!」

1月14日に開催した、第1回目の「セルフ整体入門」の参加者から感想をいただきました。

下田先生のおっしゃるマインドフル整体(※)という意味がよく分かる内容の講座だったと思います。

~中略~

講座中に気持ち良くじっくりと味わう事を繰り返すと、本当に身体が軽く楽になりました。

私自身、真っ直ぐ立っているつもりでも始めは、右に重心が傾いていましたが、講座の終わりには左右均等に体重が足にのってました。

何か薬や機械を使うわけでもなく、自分自身の癖を知り、自分で身体が楽になる方法を知っているというのは、生きていく上でものすごい自信に繋がります。

腰痛や肩凝りなんて治るものだと思っていなかったので。

~以下略

※「マインドフル整体」とは、マインドフルネス(=今ここに意識を向け受け入れること)と、整体を融合させたアルボル独自の整体メソッドです。⇒参考記事「マインドフル整体とは?」

感想の中の、

何か薬や機械を使うわけでもなく、自分自身の癖を知り、自分で身体が楽になる方法を知っているというのは、生きていく上で、ものすごい自信に繋がります。

という部分。

僕自身も過去に同じような経験をしました。

治療院や病院で診てもらっても全然改善されなかった腰痛とか肩、首痛が、自分自身の意識や姿勢や動きを変えるだけで改善されたとき。

何年も悩んでいて、一生付き合っていくしかないと思っていた痛みが無くなった時は、この世が天国のようにも感じたし、何よりも痛みが発生するプロセスとか改善法が分かったことで、不安が無くなりました。

今では逆に、身体にちょっとした違和感を感じると嬉しくなったりします。

ちょっとした違和感くらいなら、自己治癒のプロセスってかなり気持ち良いから。

まあ、そういう僕の変な趣味は置いておいて、、(笑)

人類は進化したのか、退化したのか?

人類の進化の過程を見ても、人間は他の動物と比べると賢くなってきたかもしれませんが、賢いからこそ知識や道具に対する依存が強く、自らの精神的、肉体的な能力を退化させてしまっているとも言えます。

数千年前の人類の方が、今よりも精神的、肉体的には発達していたという証拠もたくさん発見されていますよね。

現代人は、技術や道具に依存することで自分自身の感覚を退化させ、それによって精神的、肉体的に不安定になり、安心感や健康、幸福を得るためにまた「自分以外の何か」に依存する。

そんなサイクルの中にいるように見えます。

今後ますます道具や技術が進化して精神的、肉体的な能力を磨くことなく生きていける時代が来るかもしれません。

それによって人類は、より幸福になるのか不幸が増えるのかは僕にはわかりませんが、やっぱり僕は、道具に依存するよりも自分の精神や肉体をフル活用して健康や幸福を創造できた方が安心だし、そのほうが自由で楽しい気がします。

どんどん増えている悪徳な健康グッズの販売業者なんかに騙されるリスクも無くなるしね。(←これけっこう切実かもね)

今後のアルボル主催イベントの予定