文京区後楽園の「心身バランス整体アルボル」です。

便秘と股関節の関係

股関節が硬いと便秘になりやすいということをご存知でしょうか?

股関節は、体のほぼ中心に位置し、全身で最も大きな関節です。

だから、この股関節が硬くなってしまったり、うまく機能していないと、色々な不調の原因にもなりやすいのです。

便秘もその一つ。

「便秘は無い」という人でも股関節が硬い場合は、腸内環境が悪くなっていたり、宿便が溜まっている可能性が大です。

なぜ、股関節が硬いと便秘になりやすい?

立つ、座る、歩く、しゃがむなど、股関節のあらゆる動きに関与している「腸腰筋」という筋肉があります。

「腸腰筋」というのは「腸骨」「大腰筋」など、股関節周りのにある筋肉からなります。

そして、この腸腰筋の前に張り付いたような形で「腸」があります。

腸の「ぜんどう運動」という動きで内容物が運ばれ、便となって排泄されるわけですが、腸腰筋が硬くなっていると、この蠕動運動が邪魔されるわけです。

股関節が硬い=腸腰筋が硬い⇒腸が働けない⇒便秘

というわけですね。

ちょっと乱暴な説明になってしまいましたが、要は、便秘にならないためにも股関節をちゃんと機能させることは大事ですよ、ということ。

そして、ただ股関節を回したり、伸ばしたりすればいいというわけではなく、この「腸腰筋」がしなやかに機能する状態を作ってあげなければいけないわけです。

「筋肉が伸びないから股関節が硬くなる」のではなくて、「股関節が不安定になっているから周りの筋肉が緊張して固くなっている」という場合もあります。

股関節に痛みがあったり、不安定な人が下手なストレッチをすると、逆に股関節を痛める危険性もありますので、気を付けましょう。

痛みがあるのに無理に伸ばしたりひねったりするのはやめましょう。

既に頻繁に痛みが出ているような状態であれば、まず専門家に診てもらうことをお勧めします。

うんこが硬いと股関節も固まる!?

それと、もう一つ。

逆に「便秘になることで股関節が固くなる」という場合もあります。

さっきの図式の逆ですね。

便秘⇒腸が働かない⇒腸腰筋が硬くなる⇒股関節が固くなる

股関節の問題がある人や便秘がちな人は、相関関係を観察してみると面白いですよ。

(面白くない?笑)

「便秘が先か、股関節が先か?」と言い出すと、「卵か鶏か?」みたいな話になってしまいますが、整体や運動で股関節をちゃんと整えることも、食事改善で腸内環境を整えることも、どちらもバランスよく取り組んだ方が良いですね。

 

とにかく、股関節はとっても大事だということです!

 

ということで、

次回2月24日の「セルフ整体入門」のテーマは「股関節力を蘇らせる」です。

【2/24】セルフ整体入門~股関節力を蘇らせる~

 

セルフ整体入門に参加したい方は、事前に下のメール講座でセルフ整体の予習をしておかれることをお勧めします。

その方が当日より深く理解できると思います。