後楽園駅徒歩5分|半年以上続く腰痛、肩こり、しびれ等の慢性症状の根本改善が専門。口コミで評判の看板の無い整体院【お子様連れOK 】妊娠中、産後の骨盤矯正

「逆子」の対処法

もし、お腹の赤ちゃんが逆子になってしまったとしても、ちゃんと対処すれば多くの場合は自然に戻ります。

最近は病院等でも、逆子になったらすぐに帝王切開と決めてしまうところもあるようですが、できることなら自然な形で出産ができたほうが良いですよね。

ただ、中には母体や胎児に重大な問題がある場合もありますので、医師や助産師さんと相談しながら慎重に判断してください。

逆子の原因と対処法

妊娠中、お腹の中で自由に動き回っていた赤ちゃんは、8カ月を過ぎるころには頭を下に下げた姿勢に落ち着きます。

これがお産に適した「正常位」ですが、「逆子」と呼ばれるのは、この時に頭の向きが上や横になっている状態。

母体側に原因がある場合と、胎児側に原因がある場合が考えられますが、現代の医学でもはっきりとした原因はわかっていません。

ただ、逆子になっている場合は、大抵お腹周りの緊張が強くなっている場合が多く、それを改善するだけで自然と治ってしまうケースは多く見られます。

生活のリズムの乱れや、ストレスも子宮の緊張を強くする原因になりますので、リラックスして過ごすこと、心身のバランスの取れた生活を心がけることも大切です。

整体では、ホルモンの分泌に関わる「腰椎2番」に手を当てて、「逆さになってるよ」「そろそろ戻ろうね」と、赤ちゃんに話しかけることで、正常位に戻ることを促します。

話しかけは、母親が自分でお腹に手を当てながらでもできます。

お中の赤ちゃんに話しかけるなんて照れくさいとか、バカバカしいと思うかもしれませんが、これが意外と効果があるので、半信半疑でもいいから試してみてください。

それと、雑誌やネットで調べると、色々なところで「逆子体操」が紹介されていますので、それらを参考にして自分で対処してみるのも良いと思います。

下に2つほど逆子体操を紹介しておきますので、リラックスして話しかけをしても戻らない場合は、逆子体操を試してみるのもいいでしょう。

逆子体操

これらの体操は、体の状態によっては、逆に母体や胎児にとって負担になる場合もありますので、無理はしないようにしてください。

逆子体操①

よく紹介されている逆子体操には、

「胸膝位」といって、うつ伏せで両ひざを立て、お尻を高く持ち上げた姿勢をとる方法があります。

この姿勢を15分くらい続ける、というものですが、これはやってみると結構大変です。

これで逆子が治るケースもありますが、逆にお腹の緊張を強くしてしまう場合もありますので、自分の身体と相談しながらやりましょう。

これよりも、もう少し楽な逆子体操がありますので、こちらも試してみてください。

私の妻が妊娠中に逆子になった時は、この方法でうまくいきました。

逆子体操②

写真のように、壁にお尻を向けた状態で、両足を上げて壁に付けた姿勢をとります。

足は自分が楽だと感じるくらいに開きます。

その姿勢を1~2分続けます。

リラックスして腹式呼吸を繰り返します。

お腹に手を当てて、話しかけもしてみましょう。

ゆっくり足を下ろしたら、横向きの楽な姿勢で休憩します。

もし、姿勢が苦しいと感じたら無理して続けないようにしてください。

この体操は、足のむくみの解消にも効果的です。

逆子になるのは赤ちゃんの意志である

基本的には、赤ちゃんはお腹の中で自分が心地よい姿勢をとろうとしますので、その時点では頭を上に向けていた方が心地良かったと考えることもできます。

ストレスでおなか周りが硬くなっていたリ、骨盤が開いて子宮が下がった状態では、胎内の環境も悪く、頭を下に向けた正常位では苦しくなります。

母親の身体が良い状態になれば、自然と正常位に戻るのが普通です。

ですので、逆子になってしまった場合も、慌てて戻そうとする前に、まずは

「心身共にリラックスできる生活や環境を作ること」

「お腹の赤ちゃんへの話しかけ」

を、最優先に考え、実践することをおススメします。

私の妻の逆子体験

私の妻の第一子の妊娠中、8ヶ月くらいの時に逆子になっていました。

その頃は、仕事で一日中パソコン作業をしていて、帰ってきたころにはお腹が硬く張っている、という毎日を送っていたので、胎内環境も良くなかったと思います。

それで、すぐに仕事を辞めてもらいました。

それから、上に紹介した両足を上げる逆子体操と、夫婦で赤ちゃんへの話しかけをしました。

お腹に手を当てて、「逆さになってるみたいだよ。そろそろ戻ろうね」と話しかけました。

1日目はほとんど反応がありませんでしたが、2日目に話しかけた時には、はっきりと赤ちゃんが動いた感覚がありました。

その数日後に、検査すると正常位に戻っていました。

私たちとしても、初めての妊娠経験での逆子だったので、最初はかなり焦りましたが、今では、あれは「もっと自分を大事にして」という赤ちゃんからのメッセージだったように思います。

逆子になったからと、安易に帝王切開に踏み切るのではなく、無理に元に戻そうと焦ったりもせず、自分の身体や赤ちゃんと改めて対話するきっかけだと思って、落ち着いて対処してみてください。

 

心身バランス整体アルボルでは、あなたと赤ちゃんの健康を、身体、心、生活、環境といった多方向面からサポートさせていただきます。

一般的な常識ではなく、あなたに合わせたケアとアドバイスをさせていただきますので、なんでもお気軽にご相談ください。

マタニティ整体についてはこちら

「ホームページを見て、、」と、お電話ください【完全予約制】 TEL 03-6318-9445 8:00~21:00(不定休)
※土日祝日も営業しています。

PAGETOP
Copyright © 心身バランス整体アルボル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.