座禅においては、調身、調息、調心と言って、身体、呼吸、心の全てを整えなければならない。

この中でも特に「調身」が最も重要で、身体が整えば、呼吸や心もおのずと整う、というのが座禅の考え方なんだって。

このとき「呼吸や心もおのずと整う」というのがポイント!

「整えよう」とするのではなく、勝手に整うというわけね。

なので、身体を整えることをしたら、呼吸や心に関してはただ「観察」すればいい。

「あ、変わったな」「整ったな」って。

 

整体では、基本的に身体にアプローチして、身体を整える。

結果として自然と呼吸も楽になったり、気分が良くなるていることを感じてもらう。

 

中には、普段から呼吸を意識したり、ポジティブ思考を心がけていると言う人もいる。

呼吸や思考を意識的に操作することで、体に良い影響が及ぶこともある。

ただ、身体が整っていない人が無理に呼吸や思考を意識しすぎると、それがかえってストレスになっている場合もある。

 

どこからアプローチするのが良いかは、結局は人それぞれ、状況次第ということになるけど、、

座禅では体を整えることが最優先だと考えるみたいだし、僕自身も、「身体から整える」というのが一番効果的だと感じるし、わかりやすくて実践しやすい。

だから整体師をやっているとも言える。

 

体が正常に機能していなければ、呼吸や心も乱れる。

体が整っていれば、呼吸や心も良くなりやすい。

 

きっとこれは、座禅や整体をやっていない人でもなんとなくは感じたことがあるんじゃないかな?

 

とにかく、「まず体を整えよう!」って言う話です。

 

セルフ整体メール講座