腰痛

こんなお悩み
ありませんか?

✅ 長時間のデスクワークで腰が辛い

✅ ぎっくり腰を何度も繰り返している

✅ お尻や脚にかけて痛みやしびれがある

✅ 腰や脚に重だるさや不快感がある

✅ 長く歩くと腰や脚に痛みや痺れが出る

✅ 腰が痛くて夜もぐっすり眠れない

✅ いくつも治療を受けたけど改善しない

一つでも当てはまる方は
今すぐ当院にご相談ください!

なぜ「どこに行っても治らない」と
諦めかけていた慢性腰痛が
当院の整体で改善されるのか?

医師からの推奨

>>医師からのコメント詳細はこちら

腰痛の原因

腰痛の主な原因がどこにあるのかは人それぞれ違うので、実際に体の状態を見るまでは一概には言えません。
ただ、ほとんどの腰痛に対して言えることは、「主な原因は腰には無い」ということです。

昔は、病院等での検査によって数値や視覚的に確認できる異常(背骨のずれや筋肉の炎症など)を原因として特定する傾向にありましたが、最近は検査では特定できない要因が関係しているということが医療の分野でも常識になってきています。
(参考:腰痛症|痛みの疾患ナビ

東洋医学的に見ると腰痛の主な原因は、本来腰の動きと連動するはずの筋肉や関節の動きが悪くなっていたり、体全体のバランスが崩れていることで、結果として体の中心である腰に過剰な負荷がかかっていることです。

「腰痛」というのは、あくまで表面に現れた反応の一つですので、軽率に原因を特定しようとせず、体全体や生活スタイルなども考慮して、問題の根本を見極めることが大事です。

慢性的な腰痛の原因として考えられるものには、以下のようなものがあります。

腰痛の原因1:体幹の筋肉の収縮

多くの腰痛患者に起こっているのが「腸腰筋」というお腹の奥の方にある体幹の筋肉の収縮です。

腸腰筋が縮んで硬くなっていることで、腰の動きが制限され、姿勢の崩れや腰周辺の緊張を作り、筋肉の血流障害によって痛みが発生します。
整体施術によってこの腸腰筋を緩めれば、8割くらいの腰痛は改善されます。

腰痛の原因2:下肢の筋膜

もう一つ大きな原因になり得るのが、下半身の筋肉の硬さやバランスの崩れです。
下肢(腿やふくらはぎなど)の筋膜を緩めることで下半身のバランスとしなやかさを回復させ腰にかかる負担を減らすことで、腰の痛みが改善されます。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる痛みや痺れの場合も、同じようなアプローチで症状が改善されるケースは多いです。

腰痛の原因3:体のクセ

腸腰筋や脚の筋膜を緩めることで一時的に痛みが和らいだとしても、しばらくすると再び腰痛を繰り返す場合があります。

これらの原因を作るクセが体に染み付いているからです。
体のクセが残ったままだと、いずれは同じような痛みが発生するか、もしくは別の部位の痛みとして現れる場合もあります。

つまり、本当の意味での根本改善のためには、「今ある痛みの原因を取り除く」だけでなく、「痛みの原因を作るプロセスを止める」ことが必要なのです。

特に半年以上続いているような慢性腰痛の場合は、痛みに対して体が忌避反応を繰り返す過程で、複数の問題が連鎖的に起こっていたりします。

腰痛の原因4:脳のストレス

原因不明の腰痛の中には脳の働きの低下が原因になっているケースがあるというということが最近の研究で明らかになってきています。

仕事や人間関係からのストレスの蓄積が痛みを作ったり、慢性的な痛みに対するストレスが脳疲労を起こさせ、痛みをさらに慢性化させているというケースもあります。(参考サイト→https://president.jp/articles/-/30884?page=1)

視覚や数値では確認できない原因なので、現在の腰痛治療ではではほとんど扱われていませんが、多くの慢性腰痛を診てきた経験からも、脳や神経へのアプローチで早期改善するケースは多いです。


全ての腰痛を一括りにするのではなく、原因も改善法も個別に判断することが大事です。

テレビやネット上では、「腰痛の原因は〇〇である」「〇〇をすれば腰痛が治る」と断定的に解説している情報も多いですが、それは単に「そういうケースもある」という可能性の一つに過ぎません。

他の誰かにとって正しいことが、あなたの腰痛にも当てはまるとは限らないのです。

腰痛の根本改善に必要なこと

現在腰痛に悩まされているあなたの気持ちとしては、「とにかくこの痛みが早く無くなればいい」かもしれません。

ただ、腰痛の本当の原因を知れば、目先の症状の緩和だけに焦ると結局長期的な痛みに悩まされる結果になってしまうことが理解できると思います。

もしあなたが本気で腰痛を根本かから改善させたいなら、

①現在ある痛みを和らげる
②痛みを作るプロセス(習慣)を止める

という取り組みを同時進行で行う必要がありますす。

以上のような観点から、当院では
「体」「脳」「習慣」3つのアプローチで
慢性腰痛を根本改善へと導きます。

慢性腰痛の改善プロセスは、「もつれた糸を解いていく」ような作業になります。

マニュアル通りの施術でどうにかなるものではありませんが、心身の状態と生活習慣を含めた広い視野を持って寄り添っていけば、そんなに難しいことでもありません。

より重要なのは、「痛みを作るプロセス」を取り除くこと。

ただ、一般的な治療ではここが完全に見落とされていることがほとんど。

ここに対して丁寧に取り組むことができれば、体は本来のバランスと治癒力を取り戻し、再び「腰痛の出ない身体」に戻ることができます。

当整での腰痛改善の流れ

①カウンセリング

お悩みの症状や経緯、不安やご要望等を詳しくお聞きします。特に初回は20分ほどの時間を確保して細かいヒアリングを行います。
腰痛とは直接関係なさそうなことも、改善のための情報として役立つ場合がありますので、気になることは何でもお知らせください。

②体の状態の確認

患者様自身が感じている症状と、それ以外の部分に起こっている問題、全身のバランスや可動域、筋肉や神経の反応などを詳しく調べ、根本原因と改善方法を見立てます。
どのような原因が考えられ、どういった方法で改善できるかもお伝えします。

③施術

症状の早期改善と再発防止も視野に入れ、適切な施術方法を組み合わせて行います。
腰や痛みのある部分には触れずに施術を行う場合も多いです。
施術の途中と終了後で、ちゃんと効果が出ているか、症状や違和感が改善しているかの確認も、患者様自身が自覚できる形で行います。

④説明・アドバイス

施術内容、体の状態、今後の通院プラン等を説明します。あなたに合わせたセルフケアもお伝えします。
通院プランやセルフケアについて、疑問や不安がある場合はなんでも遠慮せずご相談ください。

当院の整体が目指すのは

▶︎痛みの早期緩和
▶︎自己治癒力の回復
▶︎痛みを作る習慣の改善

「治してもらった」という感覚ではなく、「もう腰痛に悩むことはない!」という自信をあなたに感じていただくことがゴールです。

一人で悩まず、まずはご相談ください!

あなたが腰痛を完全克服して快適な生活を取り戻すまで、私が徹底的にサポートします!

心身バランス整体アルボル
院長 下田武志