後楽園駅徒歩5分|半年以上続く腰痛、肩こり、しびれ等の慢性症状の根本改善が専門。口コミで評判の看板の無い整体院【お子様連れOK 】妊娠中、産後の骨盤矯正

自律神経失調症|原因と改善方法(文京区後楽園の心身バランス整体アルボル)

あなたは、こんな症状で悩んでいませんか?

✅めまいや耳鳴り、立ちくらみがよく起こる

✅動機や息切れがする

✅胃のムカムカや胸やけがある

✅夏でも手足か冷えるときがある

✅しょっちゅう下痢や便秘になる

✅寝つきや寝起きが悪く、昼間も眠い

✅やる気が出ない/鬱っぽい

✅理由もなく不安や孤独感に襲われる

その悩み、当院で解決できる可能性があります!

文京区後楽園で、自律神経失調症の改善実績に自信のある「心身バランス整体アルボル」です!

当院には、文京区周辺や他県からも、自律神経失調症に悩む方が多く来院されます。

病院でも原因不明と言われた悩みや辛さが、当院の整体施術によってみるみる改善されると、最初は驚かれる方も多いです。

ただ、自律神経失調症の正体を知れば、簡単に納得できることだと思います。

自律神経失調症がなぜ整体で改善されるのか?

自律神経失調症とはその名の通り自律神経の機能不全によって起こる症状ですが、原因としては精神的、身体的な要因から、気温や気圧などの環境要因、食事など様々なことが考えられます。

ただ、私自身が整体師として自律神経失調症の患者様と向き合ってきた経験からすると、全ての要因は本人の「からだ」の状態に左右されていて、改善の方法も、「身体」へのアプローチが最も明確で効果が出やすいという実感があります。

例えば、身体が健康な人は、多少ストレスが多かったり生活が乱れたりしても、自律神経のバランスまで崩れること少ないですが、身体が不健康な人は、ちょっとしたストレスや生活の乱れで自律神経のバランスまで崩れてしまいます。

身体が整っていると、環境の変化にも強くなり、デトックス能力もアップし、 精神的にもポジティブになります。

身体を後回しにすると他の何を変えても改善が進みにくいし、逆に身体から整えると、他のことはそのままでも大した問題ではなくなってしまうことも多いのです。

実際に、当院ではそういう方法で、自律神経失調症を多数改善に導くことができています。

とは言え、「身体さえ整えれば良い」と言うわけではありませんので、広い視点で原因や改善方法を考えて実践していくことが大事です。

このページでは、自律神経失調症の症状、原因、改善方法などを詳しく解説していますので、あなたの悩み解決のための参考にしてください。

自律神経失調症とは?

「自立神経失調症」とは、自律神経の働きが乱れることにより起こる様々な身体の不調のことです。

病院の検査でも異常が見つからないのに、どうきやめまい、頭痛や吐き気などの症状が出て、なかなか治らないこともしばしば。

「自律神経」というのは、内臓の働きや体温調節など、自分ではコントロールできない体の機能を支配する神経のこと。

自律神経には、「交感神経」「副交感神経」があり、活動的な時や緊張しているときは「交感神経」が優位に、休んでいる時やリラックスしているときは「副交感神経」が優位になります。

交感神経と副交感神経は、どちらが良い悪いというものではなく、必要に応じてうまく切り替わることが大事なのです。

しかし、何らかの原因で自律神経のバランス崩れると、身体の生理的機能がうまく働かなくなり、様々な不調を引き起こします。

こういった神経系の機能不全による不調は、見た目や数値で特定することができないため、「原因不明の体調不良」として扱われ、多くの場合は薬やサプリを使った対症療法がおこなわれます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症というのは、自律神経の乱れによって心身に起こる様々な症状群のことで、身体にも精神面にも現れます。

身体面の症状

頭痛 耳鳴り 眼精疲労 めまい 吐き気 動悸 息苦しい 疲れやすい 膨満感 下痢 便秘 手足のしびれ 冷え 多汗 乾燥 頻尿 関節痛 肩こり 腰痛  不眠 眠気 倦怠感 など

精神面の症状

不安 イライラ 無気力 抑うつ感 感情の起伏が激しい 集中力の低下 など

自律神経失調症の原因は?

自律神経失調症は、はっきりしと原因が特定しにくく、「更年期障害」とか「ストレスのせい」といった漠然とした説明で片付けられることが多いようです。

確かに、原因は見た目や数値では測れませんが、ホリスティックな視点で見ると、自律神経失調症には、考えられるいくつかの原因のパターンがあります。

症状のみにとらわれるのではなく、何が原因になっているかを掘り下げてみることで根本的な解決法も見えてきます。

以下、自律神経失調症の原因になり得る主な要因です

●生活リズムの乱れ

人間は1日24時間、1年約365日というリズムの中で生きています。
リズムが乱れると、神経のバランスも崩れやすくなります。
特に、睡眠不足、夜更かしが多い、昼まで寝ている、ほとんど部屋の中で過ごしている、と言った人は自律神経のバランスを崩しやすい傾向にあります。

●慢性的なストレス

仕事や子育てなどで過度のストレスを感じていたリ、長期間ストレス状態が続いてしまうと、自律神経がうまく機能しなくなることがあります。
短期的なストレスよりも、慢性的なストレス、解消できない小さなストレスの積み重ねが自律神経の機能不全を引き起こします。

●骨格の歪み

骨格の歪みが自律神経の働きに影響することがあります。特に骨盤の動きと自律神経の働きは強く影響し合っていますので、身体の歪みの強い方は自律神経のバランスも乱れやすい傾向にあります。
デスクワーク等で猫背がクセになっている方、妊娠中や産後で骨盤が不安定になっている方にも自律神経失調症の症状が起こるケースは多いです。

●ホルモンバランスの変化

特に女性は、ホルモンバランスの変化で自律神経が乱れることがります。
妊娠中や産後、生理中などもホルモンバランスが変化しやすい時に発生しやすい傾向にあります。更年期な、身体のホルモンバランスが変化するタイミングにも症状が起こりやすくなります。

●環境の変化

気温や気圧などの影響を受けて自律神経が乱れることがあります。雨降りの日や季節の変わり目に体調を崩しやすい人は、自律神経が環境の変化にうまく対応できていないと考えられます。

●食事の偏り/栄養不足

食生活の乱れや栄養不足でも自律神経のバランスは崩れやすくなります。
糖質の過剰摂取や、たんぱく質、ビタミン不足が自律神経失調症の原因になっている場合もあります。
自律神経の働きに影響のある「セロトニン」を生成する「トリプトファン」「ビタミンB6」と言った栄養素の不足も原因として考えられます。セロトニンの増やし方について

●デリケートな体質や性格

生まれつきの体質で自律神経のバランスを崩しやすい人もいます。
また、神経質だったりネガティブになりやすい性格の人も、自律神経失調症になりやすい傾向にあります。
性格も基本的には変えるのは難しいですが、思考や言動のクセに気付き意識的に変えることで、自律神経のバランスを崩すリスクを徐々に減らすことはできるでしょう。

自律神経失調症の改善方法

病院などでは症状を緩和させるために薬を処方されることが多いですが、薬では根本的な改善にはなりません。

自律神経が乱れる原因を一言で言うと「生活や生き方の不調和」です。

人間本来の性質、自分の体質や性格を知り、自分がどんな環境の中で、何を感じながら生きているのかに意識を向けることで、自分に起こっている不調和に気づき、再び調和を取り戻す手段も見えてくるでしょう。

以下のような要因を見直し改善することで、自律神経のバランスを取り戻しましょう。

生活のリズムを作る

基本的に人(動物)は、決まったリズム、ルーティーンに沿って生きることで心身の健康が保たれるようにできています。
毎日の中で、睡眠時間やタイミング、食事の時間、集中とリラックス、を規則正しく行うことで自律神経も正常に機能しやすくなります。
特に、「朝決まった時間に起きて日光を浴びる」ことで体内時計のリセットが起こり、自律神経も整いやすくなります。
中には、どれだけ不規則な生活をしても平気な人もいますが、もしあなたが自律神経失調症の症状に悩んでいるのであれば、規則正しい生活を心がけることは最重要課題だと言えます。

ストレスを減らす/こまめに解消する

仕事や人間関係のストレスが多い人は、できれば減らす取り組みをしましょう。
ストレスを自覚していない人ほど、ストレスを蓄積してしまう傾向もありますので、注意が必要です。
自律神経が乱れてしまうと、よりストレスを受けやすくもなりますので、我慢したり頑張りすぎないようにしましょう。

食事に気を付ける

自律神経失調症を引き起こす原因としては「食べ過ぎ」「糖質の摂りすぎ」「たんぱく質不足」等が考えられます。
また、ジャンクフードや肉食に偏って腸内の悪玉菌が増えると、自律神経の働きも悪くなります。
食事改善で症状も良くなるケースは多いですが、具体的にどう改善すればいいかということは人によって違うので、見極めるのが難しいかもしれません。
何を摂取して、何を減らすかというバランスが大事です。
食事については、できれば専門家に相談するのが良いでしょう。

当院では、整体施術に加え、食事改善のアドバイスやファスティング(断食)指導も行っています。

身体を整える

このページの最初にも書きましたが、身体の健康は全ての要因からの影響を左右します。
整体で体を整えるだけでも、自律神経失調症の症状が改善されるケースは少なくありません。身体だけで全てが解決するわけではありませんが、整体施術を受けた方のほぼ全員が何らかの改善を実感されています。
日ごろから運動習慣をつけておくことなども大事ですが、時々は専門家に診てもらい、定期的に体のバランスを整えてもらうことも大事です。

自分でできる「セルフ整体」を動画で学べるメール講座です。参考にしてやってみてください。

呼吸法や瞑想を習慣にする

呼吸法や瞑想には自律神経のバランスを整える効果があると言われています。

最近は脳科学等でも効果が実証されていますし、私自身もかなりの効果を実感してきたので、自分自身も毎日実践しながら、講座や動画で伝える活動もしています。呼吸法や瞑想のやりかたについてはこちら

自律神経失調症に対する整体でのアプローチ

当院では、自律神経失調症の方に対して以下のような方法を組合せて改善のお手伝いをしています。

問診・カウンセリング・検査

身体の状態を診ると同時に、症状が現れた経緯、これまで受けた治療や効果、日ごろの生活習慣、運動量などもお聞きしながら、主な原因を探っていきます。

体質や原因よって、施術のアプローチも変わってきます。

骨盤調整

身体の中心にある骨盤は、全身の骨格バランスの中枢であると同時に、呼吸や自律神経と連動して絶えず規則的に動いています。

当院では骨盤に対する揉み解しや矯正は行わず、周りの筋肉や筋膜への優しいアプローチで骨盤バランスと柔軟性を取り戻します。

胸部の筋肉、筋膜のリリース

自律神経失調症の人の多くは、横隔膜や胸部の筋膜が固くなり、呼吸が浅くなっています。胸部の筋膜を緩め、胸郭、肋骨の動きや呼吸機能を改善させる施術を行います。

首や頭蓋骨の調整

ストレスや緊張の繰り返しで、首周辺や頭の筋膜が固くなっているケースも多いです。手技によって首や頭の緊張を取ると、気分が良くなったり、心身の症状が和らいだりします。

自律神経の整体

揺らしやヒーリングによって直接自律神経に働きかける施術も行います。
身体が整った時点で自然と自律神経も整うケースが多いので、必要な場合には取り入れます。

セルフケア、食事、生活習慣のアドバイス

心身を整えるためのセルフケア、食事等のアドバイスも行います。気になることは何でもご相談ください。

自律神経失調症でお悩みの方へ

「原因がわからない」「更年期のせい」「薬で症状を和らげるしかない」と言われた症状も、整体で改善できる可能性があります。

一人で悩まず、まずはご相談ください。

本当に自律神経失調症に効果があるのか心配な方へ、まずは体験していただくために割引をご用意しています。

LINEに登録すると70%OFFクーポンを進呈!

【完全予約制】「ホームページを見て」と、お電話ください TEL 03-6318-9445 9:00~21:00(不定休/土日祝日OK!)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 心身バランス整体アルボル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.