慢性的な腰痛の改善・妊娠中・産後の骨盤矯正を専門とする整体院です

脊柱管狭窄症|原因と対処法

✅脊柱管狭窄症だと診断された

✅お尻から腿にかけてしびれや痛みがある

✅長く歩くと腰が重だるくなったり痛みが出る

✅腰や足の痛み、しびれで眠れない

✅寝起きにいつも痛みやしびれがある

✅痛み止めや湿布等でごまかしている

✅できれば手術をせずに解決したい

当院には、慢性的な痛みやしびれ等に悩む方、医療機関や治療院にかかっても思うように改善できていない方等が多く来られます。

「脊柱管狭窄症」と診断され医者から手術を勧められたようなた方も多く来られますが、大抵の場合は手術をしなくても整体による手技療法で痛みやしびれを改善することが可能です。

このページでは、脊柱管狭窄症の原因と対処法について詳しく解説していますので、あなたの悩みの解決のための参考にしてください。

(腰部)脊柱管狭窄症とは?


腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨内部の神経や脊髄の通り道である「脊柱管」が狭くなることで、腰痛や下肢(脚部)の痛み、しびれなどさまざまな症状が現れるとされている病気のことです。

引用:
腰部脊柱管狭窄症とは? 症状から治療法まで解説 | メディカルノート

●症状

脊柱管狭窄症で現れる主な症状は、下肢のしびれや脱力感で、片足に現れるケースや両足に現れるケースもあります。

椎間板ヘルニア等と合併して起こったり、腰痛や下肢痛などの痛みを伴うケース、歩行困難になるケースもあります。

特徴的な症状は、しばらく歩くと痛みやしびれが現れ歩行困難になるが、少し安静にすると再び歩けるようになる、といった症状(間欠跛行/かんけつはこう)です。

腰を伸ばしたり逸らせた姿勢で症状が現れ、腰を丸めると症状が収まるといったケースが多いです。

●原因

脊柱管狭窄症を発症するのが60歳以上の高齢の方が多いため、主な原因は加齢による椎間板の変性だと言われています。

ただ、実際には30歳代などで発症するケースもあり、デスクワークをされている方、肉体労働をされている方など、患者の年齢層やライフスタイルは様々です。

生まれつき脊柱管が狭い方は発症しやすいとも考えられています。

加齢以外にも、長時間のデスクワークや運動不足によって、腰部に対して長期的に大きな負担がかかってしまうことも、椎間板の変性が起こる原因だと考えられます。

医療機関で行われている従来の治療法

脊柱管狭窄症に対して医療機関で行われる主な治療法には、薬物治療、装具療法、手術などがあります。

脊柱管狭窄症は自然治癒が見込めないとされており、画像検査で神経や脊髄の圧迫が明らかな場合には手術を勧められるケースが多いようです。

ただ、脊柱管を広げたり、背骨固定する手術を行っても症状が改善されないケースも多く、決定的な治療法とは言えないようです。

痛みの出ない姿勢で固定するための装具を付けたり、薬で血流を促進し症状の改善を図る場合や、神経ブロック注射で痛みをコントロールする方法がとられることもあります。

これらの方法によって一時的に症状が和らぐケースもありますが、いずれも対症療法的なアプローチであり、時間の経過とともに症状が再発したり、悪化してしまうケースもあるようです。

最新の研究による見解

世界基準の腰痛ガイドラインでは、画像検査によって判明した椎間板変性や脊柱管の狭窄があっても、それが必ずしも下肢痛やしびれ等を引き起こすとは限らない、と発表されています。

脊柱管がほんの少し狭くなっただけで激しい症状を訴える患者もいれば、完全に塞がっているのに症状の無い健康な人もいて、脊柱管の狭さと症状の程度との間に相関関係はない、ということです。(参考:腰痛ガイドブック 長谷川淳史著)

つまり、画像で脊椎の変性が見つかり、脊柱管狭窄症だと診断されたとしても、それが痛みやしびれの原因だとは言い切れないということです。

もちろん、耐えがたい痛みが続く場合や、早急な手術を要する危険因子が潜んでいるケースの場合は、医療的措置が必要になります。

※医療的措置が必要な「危険因子」については→こちらを参考にしてください

当院での脊柱管狭窄症に対する見解

脊柱管狭窄症があり痛みやしびれが出ている場合でも、狭窄症だけが症状の原因であるとは限りません。

腰痛や下肢痛に悩む多くの方は、腰部よりも下肢や胸部から上の部分の硬さによって、腰部の緊張や負担が増加していることが問題の根本にあります。

変性が起こっている腰椎そのものよりも、そこに負担をかけてしまう原因になっている体全体の動きのバランスの崩れが問題なのです。

いくつかの検査を行うことで、症状が整体で改善できるものであるのかどうかがわかります。

全身を細かく検査した上で、原因となる部位、筋肉や筋膜等を見極め、施術方法と根本的な改善プランを組み立てます。

脊柱管狭窄症に対する整体でのアプローチ

問診、検査

まずは症状の経緯を詳しくお聞きし、全身のバランスや筋肉、筋膜の状態、姿勢や動作を細かく調べます。

当院の整体で改善できるかどうかの判断と、施術内容や改善プロセスの診たてをします。

臀部~下肢の筋肉、筋膜リリース

原因は一つではありませんが、脊柱管狭窄症が発症する方のほとんどはお尻や腿の筋肉が固くなっています。

これらの筋肉や筋膜を手技によって緩めることで、腰部への負担を和らげ、血流を改善します。

これだけで痛みやしびれが無くなるケースもあります。

胸椎、胸部の調整

臀部~下肢の硬さと同様、胸椎や肩甲骨など上半身の硬さも腰への負担の原因になります。

筋膜へのアプローチで上半身、腰部、下半身の連動と柔軟性を回復させます。

体幹、運動連鎖の修正

金郁也筋膜の柔軟性が回復したら、実際に体を動かす運動療法によって、全身の連動性や体幹の働きを修正します。

これによって本来のしなやかかな動きや自然で負担の無い姿勢が自然とできるようになります。

姿勢、動作、セルフケアの指導

施術によってロり戻した柔軟性やバランスが再び崩れてしまわないように、日常での姿勢や動作のアドバイス、セルフケアや運動の指導も合わせて行います。

最終的には、「身体を痛めない習慣」を体得することが根本的な解決のためには重要です。

脊柱管狭窄症の症状でお悩みの方は、今すぐ当院にご相談ください!

あきらめる前に、、手術の前に、、「改善率」で選ばれている当院の整体を試してみませんか?

このページを見てご連絡いただいた方へ
当院へのアクセス
アクセス

【完全予約制】「ホームページを見て」と、お電話ください TEL 080-9817-4121 9:00~21:00(不定休/土日祝日OK!)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

整体院情報

080-9817-4121
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】なし(土日祝日営業)
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 心身バランス整体アルボル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP